« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月29日 (土)

潮位に攻められて。。。の巻

年々釣れなくなっているニベ。クラブの先輩方からも「昔はニベなんてどこでも釣れたけど、今は本当に釣れなくなっているから、早めに釣っておいた方がいいよ」とアドバイスされていたので、ニベ狙いのポイントについてアドバイスを頂き瀬戸内に釣行してきました。単独かつ初ポイントなので渡船乗場に行き着くまでも一苦労で。渡船乗場で地元方にいろいろとアドバイスを頂きながら、最後に「今日は潮が大きいからね。注意して頑張りやぁ」と。この言葉の意味を後ほど、嫌というほど味わうことになろうとは・・・。

ポイントに入ると目の前には絶好の潮の寄れ目もあり、いそいそと竿を3本セットして釣り開始!そして1投目から釣れるは、釣れるは、まさにチャリコの入れ食い・・・。

(ノ∀`) アチャー

30分ほどでチャリコ15連発という超高確率のチャリコ地獄に嫌気がさして休憩。そして、ふと後ろを見ると・・・。げっ!足場が無くなってきてるやん・・・。あわてて釣り場所を少し高めに移動して、携帯で潮位を確認すると大潮-満潮349cm。今が上げ2分ぐらいやからと高さを計算すると唖然。「あ、あ、あそこまで上がってくるんかぁ!」そうこうしている間にも潮位はガンガン攻めてくるし!とりあえず1番高い場所に全てを移動して釣り再開も、今度は高すぎて釣りにならへんし!「満潮が23:00前後やから、その潮がわりが勝負やなぁ」とビールをプシュ!そして満潮を迎えて唖然。当初に移動予定の場所は完全に水没しているし・・・・。あそこにおったらと考えるだけでぞ、ぞぞぞ~。しかぁ~し満潮で流れもかわって雰囲気最高!そそくさと1本目を投げて底を取って竿立てに置いた瞬間に

「じぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~」

と高速ロングドラグ音発生!「よっしゃ、いただき!」とあわすもスカ!何も乗らず。「ん?なんで?」とリールを巻くと真正面に投げた仕掛けが、真横に糸が走ってる。「これは、もしかして」と海面を照らすと増水した河川のように、もの凄い勢いで潮が飛んでるやん・・・。それから3回ほど投げるも、全く釣りにならずビールをプシュッ、プシュッと3連ちゃんでしばし夢の中へ。午前3時に寒さで起きると潮も少し緩んでるし、これならなんとかなりそう。で、釣り再開も、今度はアナゴのオンパレード。今までなら心が折れるところだが、最近の不調と号数UPを!という高いモチベーションで必死で打ち返すもアナゴ、チャリコ、アナゴの連発で・・・。そこで頭をリセット!釣り場をじっくりと観察していると、潮上にちょっとヨレがあるとこを発見!あそこやぁ!残り2時間はあそこで勝負!と3本を集中砲火!そしてランク物ニベをなんとか3匹ゲットで本日は終了~。ひさびさにヘロヘロになりながら帰りの渡船に乗り込みました。ほんと、ニベってこんなに釣れないお魚さんやったかなぁ。。。

今回の釣果 ニベ 35cm~45cm 3匹 チヌ 45cm 1匹 セイゴ45cm 1匹 20cm前後のチャリコや30cm前後のニベ 多数 

Dsc04048

ニベって、本当に釣れなくなったんですねぇ・・・。

1

これだけ潮が走っていると、ウズウズしますねぇ・・・。でも、この釣場は難しいですねぇ・・・。

今回はアトミックスライダーの潮馴染み良さに助けられました。

アトミックスライダーの販売サイト

| コメント (0)

2011年10月24日 (月)

中国・大連での投げ釣り。。。の巻

今回は中国・大連での釣行を。前回は現地のタックルを借りての「ついで釣行」でしたが、今回は日本から自前のタックル(2本)持込んでの釣行。もちろん島に渡っての釣りと聞いていたので、それなりに楽しみにしていたのですが波風で島に渡るのは無理と。(T_T)

それじぁハゼ釣りでも行きましょうか?と言われ「ハゼ釣りなんて嫌です!」とは言えず車で2時間ほど揺られ遠浅の日本では見られない雰囲気のポイントに到着。この時点でヤル気は0%。とりあえず投げてみると、日本では淡水池の底にあるような藻が密集しているようで、仕掛にびっちりと掛かってくる。「これは先オモリ仕掛しか無理やなぁ」と即席の先オモリ仕掛を作り再投入。そしてクセでドラグを緩めちゃうんですねぇ。鳴るわけないのに。しかし!

「じぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃぃ~」 

「え?なんかわからんけど!」

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

現地の人も「○×▲□」とリールを見て叫んでるし。とりあえず軽くきいてみると「コンコン」とドラグ音からの期待とは裏腹に軽いし。「なんやろ?小さいやん・・・。」とリーリングし上がってきたのはマハゼ。「なんや、ハゼかぁ・・・。」「ハゼが派手にドラグを鳴らすなよぉ」と思いながらサイズを見ると「デ、デ、デカイやん・・・。」メジャーを持っていなかったが、どう見ても実寸で32~33cmはある。これって協会記録?いえいえ、国外で釣ったから関係ないし。(ノ∀`) アチャー これぐらいのハゼなら釣ってもおもろいかなぁと思うも、以後は20cm前後ばかりでお昼の宴会→カンペー連発→酔っ払って爆睡で釣り終了。日本で釣れたのならうれしいかったんですが、中国ではねぇ・・・。ちなみに11月になれば27cm前後がアベレージサイズになるそうですが、32cm前後はなかなか釣れないみたいですね。とりあえず中国での投げ釣りで思い出ができたからOKとしましょう。( ̄▽ ̄)

1

中国のエサ屋さん

2

これが青イソメと袋虫という意味らしい。

3

袋虫。日本とは違うのはエサがめちゃくちゃ固い。

4

定番の青イソメ

5

池のような、日本では見かけない感じの風景でした。

7

日本で釣れてたらねぇ・・・。┐( ̄ヘ ̄)┌ フゥゥ~

| コメント (0)

2011年10月10日 (月)

アトミックスライダーについて。。。の巻

昨日に爆釣夢追人さんから電話があり、近況やアトミックスライダーについて1時間程度お話しました。その中でも興味深い話があったのが「最近は、キャスティングの方が好んで使われている」というお話しで。確かに強くてスベリがいいのでキャスティングにはもってこいのラインですねぇ!さらに世界大会でもアトミックスライダーで銀メダルを獲得されたそうで。すっげぇ~っ!何度かキャスティング大会を見学に行った事があるのですが、「バシッ」と投げて「ほぇぇぇぇぇぇぇ~、あんなに飛ぶん?」とスポーツであるキャスティングを見て感動しました。でも実際にキャスティングをやるとなると練習という言葉嫌いなワタクシは無理だったですが・・・。

アトミックスライダーとテーパーラインのマッチング号数についてメールで何通かあったので、あくまで私の使用した感想で言いますと

2号なら4号~12号 2.5号~4号なら5号~12号 5号ならオモリ30号を使用しなければテーパーの必要なしです。特に3号を多様しているのですが、5号~12号のテーパーを使用しないと根掛かりなどでは間違いなくテーパーの根元から切れちゃいます。それと大型魚がかかった際は、さすがに手前での締め込み対応で3号だとちょっと不安なので・・・。ただし2.5号・3号と5号のテーパー接続は。ブラッドノット結びでも普通より2~3回程度、多く巻いてから絞めこむとスッポ抜けはほぼありません。(飛びが落ちそうな感じもしますが、実釣りでエサが飛ばないように投げる程度であれば全く問題ないですよ。)

余談ですがアトミックスライダーとテーパーをブラッドノットで結ぶと「キュッツ」と締まる感じがします。これがアトミックスライダーの良さを実感できるポイントなんですよ。普通のナイロンだと伸びる感じがして頼りなく思いますが、このラインはギュッツと締まるので安心感があります。また誘いをかけた場合も一般的なナイロンラインですと「のべぇ~」って感じで底の感じが伝わってきますが、アトミックスライダーは「シャキッ」って感じで底の状況が伝わってきます。(説明下手ですみません・・・・。)

兎にも角にも、一度使ってください。そうすれば、このラインの良さを実感されると思いますよ!( ̄▽ ̄)

兎にも角にも、使ってみてください!アトミックスライダー

Sp_nage_01

| コメント (0)

2011年10月 3日 (月)

中国(大連)での投げ釣り。。。の巻

中国への出張が多いのですが、現地の人達からちょくちょくと釣りの話しを聞くので「何釣り」と聞いてみるとどうやら投げ釣りっぽいんですねぇ。それで休みの日に釣りに連れて行ってもらうことに。大連から1時間ほど走ってポイント到着。そこは・・・。20年前の二色浜を彷彿とさせる汚い浜辺。そして仕掛けを見ると、竿は3.6mぐらいでオモリ負荷は25号前後の投竿に、道糸は10号前後で同付き仕掛。それも道糸からタコ糸のような糸1mほど直結して、そこから枝針が2本ほどあるシンプル?な仕掛で。なんや、このゴツい仕掛は?と思うが、何回か投げたら納得。底が粗いんですねぇ。それでオモリが高いので、とりあえずオモリは回収できるようにゴツい仕掛を使用しているようで。そしてエサは・・・。塩青イソメと塩マムシ、それもガチガチの。なぜ塩なのか聞くと「生エサだとスグに死ぬから」らしい。確かに日本のようにクーラーボックスも見かけないし、さらにこっちは「氷」がない。そりゃ塩系にするしかないわなぁと納得。そして釣りを開始するも釣れてもアブ新(アイナメの子供)ばかり。さすがに戦意喪失で周りを見渡すと護岸があるやん♪「なぜアイナメ狙いなのに、護岸でやらず浜からやるのか?」と聞いてみると、浜の方が釣れると。「???」護岸で釣りをしてもいいのかと聞くと問題ないとのこと。それじゃ護岸でやる方が型はよくなるはずとの経験で場所移動。そして20cm前後のアイナメを数匹釣って持って行くと周りの人やらが、全員が護岸に民族大移動。そして質問攻め。「なぜ護岸の方が釣れるのか?」、アイナメの習性やら説明するのがめんどくさいので「アイナメは深いほうが大きいのがいる」と説明していると、30cm前後のアイナメが釣れる。そこからはお祭り騒ぎ。来る人、来る人が護岸で釣りをして、人と人の間が50cmもないほどの混雑ぶり。そして「ブンッ!」てどこに飛んでいくのかわからない投げ方でフルスイング。ケガしないうちに退散しました。でも中国の人は釣りに熱いですねぇ!新しいビジネスもありかもねぇ・・・。( ̄ー+ ̄)

10月の出張時は島に渡してもらえるそうで、日本から道具一式を持参して日式の投げ釣りで大物を釣ってきますよ~!と書いても、30cmあれば超大物らしいので・・・・。

ヤレヤレ ┐(´(エ)`)┌クマッタネ

中国でもアトミックスライダーでやってきます!

セール開催中!アトミックスライダー

| コメント (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »