« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月28日 (月)

.....。反省.....。の巻

ひさびさに釣りが終わってから反省しました。やはり、さぼらず、めげず、打ち返し、の三拍子をさぼった結果ですね。反省......。かたや○○でワタクシは本命ほぼボーズと・・・。coldsweats02 ついでにタモ夫クンも襲名しちゃったりして......。crying 今回を糧に次回こそは爆釣りを目指してがんばりたいと思います。

それにしても暑かったデス。まさにミストサウナ状態。今までいろいろな釣りを経験して来ましたが「帰りたい」と心底思った数少ない釣行の一つとなりました。帰宅後のシャワーが最高でした。

そしてあのア○○を見て、こりゃ再挑戦せなアカン!という思いとともに、やはり一発狙いの竿は出さんと大物は釣れへんなとあらためて思いました。次回はお盆に超大物のサメかエイを、ちゃうちゃう、お魚さんを釣りますよぉ!それまではちょっと休憩ですネ。リールが3個も壊れてますし・・・。sad

A B

| コメント (3)

2008年7月25日 (金)

祝!(初ゲット)コロヘダ?orヘダコロ? ゲットの巻

今年こそは夏磯魚を食べる、ちゃうちゃう、釣る!という高~いモチベーションでいると「シマイイサキ釣りに行かない?コロダイやヘダイも釣れるし、波止やから楽チンやよ」 即答で「はい、連れて行ってください!」ということで初のコロヘダ(コロタマではなく、今回はコロヘダ(ヘダコロでもOK!)狙いで釣行。事前情報では遠投有利という情報なのでラインは5号と3号(フロロ)を用意している。「でもコロダイなんかきたら3号でもつかなぁ?」とか不安を抱きながらもそれらは「釣れた時」のことで釣れる前からアレコレ考えても無駄ですね。(^^ゞ 現地に到着してもまだお日様は高い=めちゃんこ暑いが、車で待機していてもヒマなので渡ることに。そして予想通り?激暑やん・・・。(-_-;)しかし釣りなら我慢できるのが不思議で黙々と投げ込んでいく。そして5本目の竿を作っていると「じぃ。」とかる~くドラグが鳴る。「うぅん?」と竿先を見るとコンコンと小さなアタリ。とりあえず少し竿で聞いてみると「コンコン」とお魚のシグナルがあるので巻き上げてくるといきなりシマイサキのダブル。幸先いいねぇ。(^.^) それから最後の竿を投げ終わって(-。-)y-゜゜゜していると、同行の方が「この竿、あたってるでぇ」と教えてもらう。少し聞いてみるがお魚さんからのシグナルはなし。「何ものってないです」と元の場所に戻ろうとすると竿先が確かにコンコンと小さな小さなアタリがある。「エサ取りかなぁ」とか思いながら巻き上げてみるがお魚さんのシグナルはなし。かなり遠投しているのでノンビリ巻いてくると少し重さが伝わってくる。「何かのってますね。キスと違いますか?」と話した瞬間にどどど~っん!といきなり豪快に締めこまれる。「なんや、なんや?」思わずドラグをゆるめるとスプールから糸がズル、ズルと引き出される。とりあえずお魚さんに先手を取られたがドラグをゆるめてこちら戦闘体性完了。いざ勝負!と思った瞬間「この竿、道糸3号、ハリス6号、丸セイゴ14号やん・・・」ヤ・バ・イ。この引きだとかなり慎重にやり取りしないとバレる可能性大。しかし根がキツイ場所でもないので相手が疲れるまで自由にさせて浮いてきたのがコロダイなり。「いきなり念願のコロダイですか・・・・。」(^.^) ここで大トラブルが発生するもなんとか取り込めたのが60センチジャストのコロダイ。「いきなりシマイサキのダブルで、そしてコロダイ。もう帰ってもいい気分。それからもボチボチと釣れ続き終わってみれば コロダイ60センチ・54センチ・ヘダイ35センチ前後が4匹にシマイサキが4匹と大漁の部類かと。初チャレンジで念願のコロダイ・ヘダイが釣れて大満足の釣行でした。(^.^) お声をかけて頂いた同行の方に感謝・感謝です・・・・。そしてコロダイ・ヘダイの食味は・・・・。うま~いぃぃぃぃ。また食べたい、ちゃうちゃう釣りたいお魚さんですネ!ちなみに写真はコロダイのお造りです。

Dsc04262

Dsc04272

| コメント (2)

2008年7月21日 (月)

夏魚、釣りたいよぉ~の巻

夏魚、といえばいろいろありますが、ワタクシが思う夏魚とは、コロダイ・タマミなどのいわゆる夏磯魚(夜磯魚?)であります。実はまだ釣ったことがないんですネ。というより、釣りに行ったことがない、というのが実のところで・・・。今年こそは狙いに行ってとりあえずコロダイという魚の引きを味わってみたく強い意志で・・・・。う~ん、引きを味わうではなく、実は食味を味わいたかっただけだったりして・・・。(^.^) 

http://www.zukan-bouz.com/suzuki/isaki/korodai.html

こんなん見たら、食べたい、ちゃうちゃう、釣りたいですよ。(^^ゞ

| コメント (2)

2008年7月18日 (金)

狙いのマダイって、20センチなの?の巻

当初の予定であった週末の隠岐釣行が中止になったのですが、どうしても行きたかったので昨年から投げ釣りを初めた友人に「隠岐に行かへん?キスなら爆釣確実やでぇ!」と魅惑の言葉で誘うと「行きたいけど、来週は急やなぁ・・・。とりあえずまた電話するわぁ」と残念ながら話しにのってこなかったはずだった・・・。その翌日から炎天下の大阪で「週末もそうやけど、来週の平日も行かなくてよかったなぁ」と思っていると携帯が鳴る。

「水曜は何時に出発するん?」

「?????」

「夜中やろ?」

「ドコに行くの?」

「隠岐やん、隠岐!日曜日に電話したやんかぁ!」

「日曜?そんな電話なかったでぇ」

「何言うてんねん、携帯に電話してもでぇへんから、自宅に電話して留守録にいれておいたわ」

「ま、ま、マジっすかぁ?なんで家なん?なんで携帯留守録ちゃうの?」

というようなやり取りで隠岐釣行決定なりぃ。暑そうやん。(-_-;) かなりブルーやん。。。友人は初・隠岐釣行でウキウキ!で、竿とリールも3セット新調しているし「こりゃキスでもマダイでも、大きさうんぬんより数を優先せんとアカンなぁ」と某ポイントに入る。とりあえず友人にポイントなどを教えてノンビリしていると1投目からキスが釣れて友人は大はしゃぎ!「おぉ~、入れ食いやで。すごいなぁココは。」と15cm~22cmぐらいのキスを1時間で20匹前後のペースで釣っている。さすがにオカズ分のキスは釣れたし友人もこのポイントで夕方まで粘るという事なので、昨年においしいお魚さんが釣れたポイントに移動する。昨年もソコソコ釣れたポイントですが、今年はPEラインでアノ微妙なアタリをとって爆釣りを目論んでるんですが結果はいかに・・・・。って、爆釣りやん♪夕方までの数時間でクーラーがほぼ満タン。そのポイントのお魚さんも釣りきった感じなので友人のポイントに戻ると、マダイ仕掛けにかえてマダイ釣りに燃えてるやん友人がいてる。

「なぁ、今日はかなり釣れたし明日もあるから、今日は宿をとれへん?」

「あかん、オレはマダイを釣ってみたいんや!嫁はんも子供もマダイを待ってるんや」

「いくら隠岐って言っても、そんなカンタンにマダイは釣れへんで」

「いや、俺はは釣る。絶対釣る。今日のオレはなんか釣れそうな気がするねん!」

「・・・・・。了解です・・・・。そのかわり、もし8時までにマダイが釣れたら釣りはやめて宿に行こうやぁ」

「おっしゃぁ、それやったらええで」

「ちなみに何センチぐらいのマダイやったらええの」

「そやなぁ、やっぱりマダイやから20cmは欲しいなぁ」

「20センチ?(^^♪ おっしゃ、まかしとけ!それやったら別のポイントに行こう!そんなんソッコーで釣れるから!(^.^)」

と、20センチのマダイに燃えている友人がめっちゃいいヤツに見えるやん♪ほどなく20cmの納得サイズ?のマダイを4匹「も」釣ってご満悦で宿で熟睡zzz....。翌朝は夜明け前から少しマダイを狙ったら、35cm、37cm、40cmと隠岐では珍しく夜明けの時合でマダイが連発で当たる。友人も30cmのマダイを釣って大喜び。午前7時に場所変更でマゴチを狙うとエソ、エソ、マゴチと3連発で釣れたところでアタリが遠のく。それよりも炎天下で釣りなんてヤル気なし。さすがに友人もバテ気味なので、ちょっと早いですが今回の隠岐釣行は終了。友人を見ていると自分が初めて隠岐に来た時の事を思い出して懐かしい感じがしましたねぇ・・・。

「え?初隠岐の釣果ですか?」「・・・・・、友人が釣った20センチのマダイなども釣れず、ほぼ○ボーズでした・・・・。」

 あぁぁぁぁぁ、思い出したくもないほど悲惨な釣行でしたね。(^^ゞ

Dsc04213

| コメント (0)

2008年7月 4日 (金)

キューセン(青ベラ)に初挑戦の巻

懇意にしてもらっている寿司屋の大将が「ベラ(キューセン)は釣れへんのか?」「いいえ、釣るけど食べへんから捨ててくるねん」「なんで捨てんねん!」「見ためイマイチやし、なんか旨そうに見えへんし」「はぁ~、あかん、あかん。ごっつい旨い魚なんや。とにかく今度は持って帰ってこいよ。食べさせてやるから」「はいはい、覚えてたらね」と、こんな会話を交わしたのがたぶん昨年の今頃。昨日に少しだけ釣りをしたときにベラが釣れ、上記の会話を思い出して持って帰りしました。「大将、ベラ持ってきたでぇ」「おっしゃ、任せとき。ベラの造りを食わしたる」「え~、造り・・・・。gawk」そして出てきたのは、下記写真のお造り。ベラの姿造りとでもメニューになら書きそうなお皿の上のベラさん。おそるおそる食べてみると「・・・・・・、大将、これめっちゃ旨いやん♪」「そやろ、言ったやろう!」造り以外でも、煮てもOK!焼いてもOK!だそうです。今度から持って帰ること、決定なりぃ。ちなみに写真のベラは20cm弱の小さなベラなんですが、かなりボリュームがありましたよ!

P1000080

| コメント (1)

2008年7月 1日 (火)

(2) 三度目の正直?で、やっと実現の巻

動画を掲載してから、ビックリするぐらいメールをいただきました。、「三陸って、あのようなポイントなんでしょうか?」 「あの波はいつもアレぐらいなの?それって渡船は大丈夫なの?」 「すごく狭いポイントに見えるのですが、三陸はあのような場所で釣りをするのですか?」Etc.....  すみません、三陸初心者なのに、そのような質問をされても・・・・。しょせん2度しか行っていませんし、その地方の釣りを熟知されている方と行っているからコソ釣らせてもらっただけで・・・・・・。しかしたった2回でも言えることは、日本海溝も近い太平洋側なのでウネリを甘くみてはダメだと思ったことです。やはり安全第一に釣りは楽しくないと。って、これもうけ売りです。すみません・・・・。

本当にウネリは怖いですよ。命あっての釣りだと、3日目の渡船で帰港中に思いました。

渡船に乗ってからの会話

同行者の先輩「船長、今日は終わりなんやぁ?」

船長「うん、ここまでヤレたら十分だっぺ」

そして1分後、

ジェットコースター!

船長の言葉は絶対ですね!

| コメント (0)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »