« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月28日 (木)

隠岐の時合について

メールで隠岐のポイントを聞かれることが多いのですが、それ以外に「時合」について聞かれる事が多々あります。ポイントなら知っている場所をお教えすればいいのですが、時合については返答に困ります。隠岐の時合は、本当にイマイチわからないんですよねぇ・・・・。カレイなどは夕方が一番ですよ!と言い切れるのですが、マダイとなると真昼間でも大型がきますし、当然夕方~も絶好の時合です。そして深夜にドカンッと来ることもありますし、早朝の時合、そして夜が明けきって「終わりやなぁ」と思った瞬間にドラグが鳴ることもあるんですねぇ・・・。こう書いてみたら「時合」ってないやん!ってなるんですねよねぇ・・・・・。とりあえずマダイ狙いに限れば気を抜かずに、いつ巡ってくるかわからない回遊を想定し新鮮なエサをこまめに付け替える、ということになると思いますよ。ただ上記の真昼間などのケースは「深場」に限りますのでご注意下さい。ちなみに写真のポイントは先日に行った隠岐のポイントです。ブイが入って釣りにくいですよぉ~。Bouzu

| コメント (1)

2007年6月20日 (水)

黒が赤?の続き。

P1000199_1

黒が赤?の記事は、現地であまりにも怖かったので携帯で気を紛らわせるために書き込んだんです。ほんと単独の夜釣りはやっぱり怖かった・・・・。仕事の関係で米子まで行ったので好調?不調?と情報があやふやな隠岐のマダイ情報を確かめるべく単独での釣行となったのでした。当初に入る予定だったポイントは事前情報では、あまり良くない。それでは磯からかな?と渡船店に電話して無理を聞いてもらいとある場所に渡してもらう。隠岐の大鯛は明るいうちでもあたってくるのでハリス10号の太い仕掛で打ち返すもアタリなし・・・・・。前回の対馬釣行時の道具をそのまま持ってきているので、キスを狙うと26cm、29cmと立て続けにくるも、それからはサイズダウンで10匹も釣らないうちにマダイさん狙いに没頭する。が、まったくアタリがな~~い!ヒマでヒマで、ついつい怖い話しを思い出してしまう・・・。うぅぅぅ、怖いやんかぁ・・・・。と思っていると闇夜の中で「じぃ~~~」と快音が聞こえてくる。「へっへ~、きよったで」とドラグがなる竿にかけよりあわせをいれるも軽い・・・・・。「なんや派手にドラグ鳴らしたわりにこの手ごたえかよ」と意気消沈するも、手前のカケアガリが半端じゃないので「ゴリゴリ、ゴリゴリ」とまさにゴリ巻きの必死状態。カケアガリもクリアーし手前までよせてくると、いきなり締め込みが。「おいおい、タモなんか用意してないでや~ん」とライトをあてると銀色が見えた。「銀色?チヌ?な~んやチヌなんていらんわぁ」と豪快にゴボウ抜きする。ハリス10号、チヌごときに切られるはずもない「よっこらせっ、て、重いやん。なんかめっちゃ重いでぇ」と必死に陸にぶり上げて近づくと「ありゃりゃぁ、そりゃ重いでぇ。年無しやん♪」でメジャーをあてると52cm。でも狙いは赤やし微妙なところやけどまぁボーズがなくなったしいいかなとクーラーにお入り願う。それから朝までポツポツと今度は赤が釣れ終わってみれば食べごろの赤2枚に黒1枚とその他キスなどのおかずが多数。本当は1匹でいいから大鯛が釣れて欲しかったが、渡船の人いわく「ここ1週間は投げの人は悲惨な状況やったから、十分な釣果やで」の言葉に納得した釣行となりました。(^.^)帰りに渡船や地元の釣り人に聞くとマダイの産卵はどうやら終わっている模様。地元の人も「いつ産卵が終わったかわからんが、もう卵が入っとらんからなぁ」との事。やはり今年の海はなんかおかしい?

マダイ 52cm 51cm チヌ52cm その他 キス29cmなど それと、どなたか魚拓の取り方教えてもらえませんか?実寸が50cmオーバーなのに魚拓は49.5cmとかなっちゃうんです・・・・。(;一_一)

| コメント (3)

2007年6月19日 (火)

赤が黒?

隠岐・島前の地磯で奮戦中なんです。赤色の鯛を狙っているのですが、釣れたのは52cmの黒い鯛やん・・・。まだまだコレから、がんばりますよぉ!ただ単独は怖いんですね。外灯の明かりがある場所でよかった。。。

| コメント (0)

2007年6月13日 (水)

キス天国の対馬。

キス天国と言われ有名な対馬。本当キス天国でしたぁ。(^.^)狙いの大型は釣れませんでしたが、いわゆる良型と言われるサイズは納得の釣果。特に対馬のキスは太いっ!「これは26cm前後はあるやろぉ!」とサイズを測ると23cmてな感じで、こんな場所でキスを釣ってたら近郊でキスなんて狙えなくなっちゃうぞぉ~。時間も費用もかかる場所ですが、本当に楽しい場所ですね。ただはじめて行く時は、ポイントに精通されている人と行かないと玉砕するかも・・・・・。同行して頂いた人に感謝、感謝、感謝です。また連れて行ってください!Dsc00377_1

| コメント (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »